Scroll

お知らせInformatiopn

お知らせ一覧

開催中の展覧会Exhibition

Vol.06

北山善夫展 —歴史—

KITAYAMA YOSHIO EXHIBITION

2018年5月2日(水)~7月16日(月)

北山氏のアトリエがある京都府に向かう。 亀岡駅に着いてタクシーで自然豊かな山間を抜けて一時間程走ると開けた平地に田畑が広がった。 穏やかな田園地帯の中にアトリエが見えた。 到着するとアトリエで制作中だった北山氏が笑顔で出迎えてくれた。 広くて天井の高いアトリエは北側から射し込む光が心地良い。 よく読書をする北山氏、棚には数えきれないほどの本が並びそのジャンルは幅広い。 ガラスケースには多くの骨董品が所狭し並ぶ、特に人形には拘りがあるそうだ。 制作中の作品の説明や、長年制作してきた経緯を伺った。 制作に対する想いや拘りは奥深く、時間をかけて描く姿勢は敬意をはらう。 お話を伺って、北山氏の生き方そのものが表現されている事を改めて実感する事が出来た。 北山氏が経験した事が様々な表現法で表されているが、全ての作品が率直に表され、私達の心にストレートに訴えてくるのである。 そこには裏打ちされた北山哲学があるからだ。 今回の展覧会は100年前から現代までの新聞記事ドローイングと1980年代の初期の立体作品とその後制作した絵画と歴史的なオリジナルの新聞と小さな天使の椅子をインスタレーションし宇宙として相対として歴史を表すのである。 展覧会の内容を説明するよりは先づはそこに立ち皆さんが体感していただけたらと思います。

次回の展覧会Next Exhibition

Vol.07

藤原志保展 —平和の風(仮題)—

SHIHO FUJIWARA EXHIBITION

2018年 8月1日(水)〜10月14日(日)
|特別講座|調整中

墨と和紙による表現を追求し、シンプルな造型と墨の深い色調による立体作品は圧倒的な存在感を放つ。
これまでの展覧会に、国立近代美術館、兵庫県美術館、京都市美術館、鎌倉画廊など国内外で多数。
パブリックコレクションに東京国立近代美術館、いの町紙の博物館、兵庫県立美術館、SALONDU HYOGO(パリ)などがある。

Vol.08

渡辺英司展

EIJI WATANABE EXHIBITION

2018年 11月1日(木)〜2019年 2月17日(日)
|特別講座|調整中

あらゆる素材を扱い、見る者に新たな視点を投げかける作品を展開し続けている渡辺氏。今回の展覧会では、あいちトリエンナーレなど数々の空間で発表されているシリーズ作品・図鑑から切り取った植物によるインスタレーションを予定している。
これまでの展覧会に、箱根彫刻の森美術館、ときわ画廊、オークニー島・アーティスト・イン・レジデンス(イギリス)など多数。
パブリックコレクションに、愛知県美術館、大分県立美術館がある。

イベント・プログラムEvent Program

イベント・プログラム一覧

ミュージアムについてAbout Museum

アクセス・ご案内Access

場所
富士市文化会館 ロゼシアター1階 東側
開館時間
10:00~18:00
休館日
月・火曜日(*ただし祝日の場合は開館し、振替休館があります。)・ロゼシアター休館日
交通案内
東名富士インターチェンジより約2.3km、国道1号より約2.2km。
バスの場合はJR富士駅(北口バス停)から15分「ロゼシアター入口」下車、徒歩2分。
新幹線JR新富士駅(北口バス停)から15分「ロゼシアター前」下車。
※発車駅によって到着するバス停が異なります。お帰りの際はご注意ください。
駐車場
富士市文化会館ロゼシアターの駐車場をご利用ください。
※ロゼシアター開催の公演により混雑する場合があります。
住所
〒416-0953 静岡県富士市蓼原町1750番地 富士市文化会館ロゼシアター1階
TEL:0545-32-6581 FAX:0545-32-6582
観覧料
無料
設置者
富士市市民部文化振興課
運営
一般社団法人 富士芸術村